main_sponge.png

Q&A

Q 100%天然物質で作ったそうですが、信じられる物質ですか。​

"アクアウォッシュ"は、食用として使える植物性食物繊維であるグルコマンナンを主成分とし、防腐剤と化学成分、蛍光増白剤を全く使用せずに作った、安心して使用できる100%天然製品です。

Q 石鹸なしに水で洗うだけで皮膚汚染物と角質が取れますか。​

"アクアウォッシュ"は水洗顔だけでも皮膚汚染物と角質が除去される機能を持っています。 肌を優しくマッサージするようにマッサージすると、皮膚角質だけでなく毛穴の奥深くにあるPM2.5も吸着して取り除き、肌免疫機能を持つ肌バリアを維持させて肌の健康に役立ちます。

Q 色素を吸着する映像のように肌の汚染物も除去しますか。​

自然系には陰陽の機能があって相互作用をします。 "アクアウォッシュ"の陽イオン·科学的イオン結合機能は、皮膚老廃物、皮膚細菌、重金属、微細粉塵など皮膚の陰イオン物質と結合する方式で汚染物を取り除きます。

たとえ映像のように吸着除去の過程が目に見えませんが、同じ吸着除去メカニズムで肌に作用し、お肌の健康に役立ちます。

化粧を落とす時に使ってもいいですか。

濃いメイクアップはたくさんの油分を含んでおり、"アクアウォッシュ"だけで落とすには多くの時間が必要です。 そのため、化粧を落とす時は従来の方式できれいに洗顔した後、洗顔後の段階で"アクアウォッシュ"を使用することをおすすめします。

毎日化粧をする場合、化粧をしていない朝の洗顔時に"アクアウォッシュ"で洗顔すると、お肌の健康に役立ちます。

"アクアウォッシュ"を家族と一緒に使ってもいいですか?​

"アクアウォッシュ"は個人別スキンケア製品です。

歯ブラシのように肌の衛生とスキンケアのため、個人別に使用することをおすすめします。

アトピー皮膚炎がありますが、"アクアウォッシュ"を使ってもいいですか?​

アトピー症状のある皮膚は、正常な弱酸性の皮膚バリアが崩れてアルカリ化した状態です。
したがって、"アクアウォッシュ"を使用すると、弱酸性皮膚免疫機能である肌バリアの回復に役立ちます。
しかし、"アクアウォッシュ"は医薬品ではないので、アトピー症状の改善のためには医療機関の支援を受けることをおすすめします。
ご使用の際は肌がトラブル状態ですので、とても柔らかい使用をお勧めします。

Cニキビ肌なので"アクアウォッシュ"を使ってもいいですか?​

ニキビ皮膚もアトピー症状の皮膚と同じく、正常な弱酸性皮膚の壁が崩れてアルカリ化した状態です。
したがって、"アクアウォッシュ"を使用すると、肌免疫機能である弱酸性肌のバリア回復に役立ちます。
ご使用の際は肌がトラブル状態ですので、とても柔らかい使用をお勧めします。

Q "アクアウォッシュ"を長く使う方法を教えてください。​

"アクアウォッシュ"は無防腐剤の天然食物繊維製品で、包装を開封した後、水に濡らした日から約3週間使用できますが、使用後に"アクアウォッシュ"に吸着した汚染物質を石鹸できれいに洗浄し、風通しの良い場所に保管すれば、より長く使用できます。
特に"アクアウォッシュ"の柔らかい組織が長く保てるようにねじったり絞ったりしない方がいいです。

Q "アクアウォッシュ"にかびが生えました。 どうすればいいですか?​

"アクアウォッシュ"は100%天然食物繊維でできた製品なので、カビと微生物の餌になることができます。
そのため、使用後、きれいにケアする必要があります。カビが繁殖し始めると、生分解が早く進みますので、新しい商品をお使いください。
ただ、カビが見当たらない程度で苦々しい臭いがする水準なら、すぐに煮て殺菌した後、風通しのよい場所に保管して管理してください。

Q 大気汚染による重金属、PM2.5の肌汚染にも役に立ちますか?​

自然系には陰陽の機能があって相互作用をします。
"アクアウォッシュ"の陽イオン科学的イオン結合機能は、大気汚染によって肌に影響を与える重金属、微細粉塵など肌の陰イオン物質と結合する方法で汚染物を取り除きます。
色素吸着映像のように吸着除去の過程が目に見えませんが、同じ吸着除去メカニズムで肌に作用し、お肌の健康に役立ちます。

Q 新生児のお風呂に使えばどんな点がいいですか。​

新生児は、皮膚免疫機能が完全ではなく、皮膚に吸収される化学物質に脆弱です。
特に、皮膚に吸収される経皮毒(シャンプーや歯磨き粉、洗剤など日常用品や化粧品などに含まれる有害化学物質が皮膚や体に浸透すること)は、90%が体内に蓄積される恐れがあるため、さらに注意が必要です。
したがって、新生児は"アクアウォッシュ"を利用したスキンケアで経皮毒を予防することはもちろん、"アクアウォッシュ"マッサージは血液循環を改善させます。

  • 化学物質の体内吸収に脆弱な皮膚の順序:新生児 > 小児 > 高齢者 > 成人。

Q 石鹸などクレンジング製品を使った方が、健康なスキンケアにいいんじゃないですか?​

違います
肌は人体の最大の臓器で、外部の汚染物から自分を守る弱酸性保護膜である皮膚バリア機能を持っています。 ところが、石鹸などの洗浄剤に含まれる皮膚タンパク質を溶かす界面活性剤が、皮膚の保護障壁を破り、構造を破壊して皮膚の奥まで浸透し、人体に悪影響を及ぼすのです。

したがって、"アクアウォッシュ"の水洗いを通じて肌のバリア機能を回復すると、
1. アミノ酸とセラミドが主成分の角質層の自己保湿因子が肌内部の水分を引き止める保湿膜の役割をし、肌自らが保湿します。
2. 界面活性剤の強制角質層の除去ではなく、皮膚免疫機能による角質層の交換周期が行われ、皮膚の新陳代謝が活発になります。
3. お肌の皮脂と汗を溜め、お肌を弱酸性を保ち、カビや酵母菌、雑菌などから肌を保護する皮膚常在菌が正常化します。

Q "アクアウォッシュ"を使うと肌がつっぱる現象がなくなるって本当ですか?​

合っています
"アクアウォッシュ"の持続的な使用で崩れた肌バリア機能を正常水準に回復すると、夕方洗顔後、肌が乾燥してつっぱる現象は見られなくなります。